読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浄水器シーワン

「ご飯がおいしい」

使う時すぐ、浄水器を通した水と通さないものと飲み比べましたが、

あまり違いはわかりませんでした。安心と安全を買ったのでそれで

よいという感じで使ってました。

f:id:furuiey2243ab:20170408211114j:plain 

一週間後ぐらいから、「最近米のご飯がおいしいなあ」感じるように

なりました。 体調の関係かとも思いましたが、どういうわけか毎日

本当にご飯がおいしいんです。もしかしたら浄水器シーワンかな?

そういえば、島田さんも、ご飯がおいしくなって通販生活の連載に

f:id:furuiey2243ab:20170408212939j:plain

書いていたよなあと思い出しました。毎朝入れてる煎茶もまろやか?

多分浄水器シーワンはすごいと思います。

 

水の旨み(ミネラル分)しっかり通す。細菌類は99.999%除去する。

こんな浄水器はめったにありません。

f:id:furuiey2243ab:20170408210656j:plain

法律によって家庭へ水が送られるときには必ず塩素が投入されます。

そして家庭の敷地内に詰まっている細い水道管やマンションの水道管

が老朽化している場合は、内部にサビや汚れが蓄積されていきます。

 

そこでファインセラミックフィルターを内蔵した浄水器を使用すると

細菌の除去と塩素や赤サビ、トリハロメタンクロロホルムなどの

不純物もしっかり除去します。

f:id:furuiey2243ab:20170408212915j:plain

一方で、水の旨みや甘みをつくるミネラルは、ファインセラミック

フィルターの孔より小さい物質なのでラクラクと通過。

 

フィルターの寿命を伸ばすために切替レバーがついているので、

食器洗いのときは本浄水器を通さず水道水を使うといいでしょう。

 

 

 


 

バルミューダ炊飯器口コミ

 

電気炊飯器これまでの「煮炊き」に対して、「蒸炊き」だって。

f:id:furuiey2243ab:20170220162614j:plain

白米を「蒸炊き」にしたら、一粒一粒がふっくら自立している

”硬め”のご飯が炊けるじゃないか。

 

口コミより炊いてみると、お赤飯ほど硬くはないが、

これまでの煮炊きではなかなか炊けなかった

「粒立のしっかりしたふっくら白米」が炊ける。

 

一粒一粒が煮崩れしないで自立している。べちゃっとゆ着して

いない。”硬めのご飯が好きな人には喜ばれると思います。

f:id:furuiey2243ab:20170220162704j:plain

開発担当者によると「食感を追い求めていったら二層釜の水蒸気

で炊く方式にたどりつきました」

 

「はじめから蒸炊き方式を考えていたわけではないんです。

ひとくちにおいしいご飯といっても、旨みや香りなど色々

な要素がありますが、僕らは食感を求めることにしました。

 

最高の食感をつくることが最高の味をつくることに重なると

思ったのです。大量の水で煮たり、電子レンジで加熱したり、

炊き方をあれこれ3ヶ月ほど試したところ、蒸したときの

 

おこわのような食感が一番よかった。ご飯を蒸炊きすること

3千回くらい。専門はプログラマーですが、いまはお米研ぎ

名人になりました。

f:id:furuiey2243ab:20170326172723j:plain

炊飯器の専門家ではないから、かえって自由な発想ができた?

どうかな。この炊飯器の心臓部は水温を調節するプログラムです。

どう水温を上げていくかで食感はまったく変わります。

 

これまでの技術は、最高の食感に蒸し上げるプログラムつくりに

役立ったとは思います」非常に稀な二重釜構造の水蒸気炊き方式

である。

 

(1)内釜には従来と同じく米と水を入れ、外釜には200ccの水を

  入れてセットする。外釜の水が沸騰して水蒸気となり、まず

  は水蒸気熱で内釜に熱を加える。内釜が60°C以上になると

  米が水をぐんぐんと吸っていく。

 

(2)内釜の水が米を吸水し終わると、外釜からの水蒸気熱が

  今度は米そのものに伝わっていく。米は内釜の中で踊る

  ことなく、つまり煮崩れずに、おねば、でんぷん質を内側

  に閉じ込めたまま、強力な水蒸気熱で炊き上げる。

 

(3)途中の15分間は本体から湯気が大量に出てくるが、その

  湯気からは米の香りはほとんどしない。

 

  米の香りを閉じ込めたま炊き上げているからである。

  炊ける量は3合まで。夫婦二人ならちょうどいい。

 

  炊飯ボタンを押してから炊けるまではきっちり60分。

  やや長め。保温機能はない。

 

  お米のプロに試食していただいたところ、

  「ああ、これはよく炊けてるわ。ご飯つぶが丸くふくらん

  でいて、粒もしっかりしている。私が知っている限り、一番

  おいしい炊き方は、かまどでモミ殻を燃やしてじっくり炊いた

  ご飯だけど、これはそれに近い食感だね」

 

f:id:furuiey2243ab:20170326172904j:plain